2012年11月1日木曜日

ティーンエイジャーの頃入れあげた往年アイドルの復活コンサートに女房を誘えるか!

「今日、映画の日だから映画見てから海に行く。」
「え?! 自分一人で行くの?」
 女房は不満気な様子。どうも、映画はどうでもいいけど、一緒に出かけたかったらしい。言われてみれば、子供も連れずに映画を見に行くのに、家に居る女房を誘わないというのも失礼な話だ。しかし、大変申し訳ない事に、この映画を見に行くにあたって、僕の頭には女房や子供を誘うという発想は、最初から、はっきり、金輪際、これぇぇっぽっちも、全く無かった。だって、考えてもみて欲しい。あなたがティーンエイジャーの頃、夢中になっていたアイドル・グループ(たとえばキャンディーズとか)が居たとする。彼女らが、復活コンサートをやることになったとして、懐かしさと、わくわく感を胸にコンサートに行こうという日に女房や子供を誘えるか? そんな、思いを胸に今日僕は「009 Re:サイボーグ」を観てきた。

 「サイボーグ009」は「長靴をはいた猫」と相前後して幼年期に観た僕の映画の原体験といっていい作品の一つだ。長じて石ノ森章太郎氏の原作に魅せられ、僕の最愛の古典SFマンガの一つともなっているのだが、80年代から90年代に濫造された、カラー・リメイク作品にはどれ一つとして胸躍らされるものが無かった。当時から小馬鹿にしまくって、あまり真剣に観ていなかったから、今では何が気に入らなかったのかすら、はっきりとは思い出せないが、漠とした印象では、個々のキャラクターが全く掘り下げられずに、秀逸なオリジナルのキャラ設定におんぶにだっこの作品ばかりだったように思う。

 この作品は、基本設定は活かしつつ、現代人のリテラシーに叶った、新しい”009”を作り直そうというコンセプトが、タイトルや、トレーラーから明瞭に見てとれる点で期待していた。実はこれまでだって、009はそれぞれの時代に合わせて、その姿を変えてきた。たとえば008の顔などは、現代の社会常識の下では、とてもオリジナルのまま描くことなど不可能だ。でも、かつては、そういった一部だけを、あれこれ手直ししていたものだから、そこだけが目立ってしまって、"違う”という印象が先に立ってしまっていた。この作品で成功しているのは、ほとんどいじらなくても良さそうなキャラクターまで、全部手直しして変えちゃった結果、かえって、全体としての009の世界観がちゃんと統合された形で引き継がれている点だと思う。

 最近、古典的作品を実に見事にリメイクしたいくつかの作品に出会って、リメイクの成否はいったいどこにかかっているのか? という事を考える機会があった。たとえば、J.J.エイブラムスの「スタートレック」とか「ダークナイト」シリーズとかは、2012年に生きる僕らが観て、なんらおかしくない世界観の中で、オリジナルの設定をなんら破綻させる事無く、全く新しい物語を紡いでいる。ところが、我が国の「スペース・バトルシップ・ヤマト」のごときは、もう女子供にすら笑われる惨憺たる仕上がりだ。そのとき出した僕の結論は、作家がオリジナルとの関係を、どのように精算して、何を切り捨て、何を取り入れるかという、「オリジナルとの距離感」を、始めにどれだけしっかりと設定できているかというものだった。

 この「009 Re:サイボーグ」はそのタイトル、トレーラー、キャッチコピーからも、作家が、その一点をいかに大事に考えて、この作品を作ったのかが窺えたので、製作発表の段階から実に楽しみだった。そして、本日本編を見る機会を得て、期待は実に快く満足させられた。というか、期待以上だった。いや、本当にこんなにかっこいいジョーやフランソワーヌ、ジェットやアルベルトに出会えるなんて、期待していなかった。初めて白い(古い作品では009のみ白)ユニフォームに身を包んだ009に出会った時の幼年期のときめきを思い出したかのようだった。

 ストーリーや設定も現代風に改められていた。現代の戦い方の常識を踏まえ、かつては、前線の斥候役くらいの立場でしか無かった003が、作戦の中枢で、戦いの要になっているあたりが「ああ、設定を良く練り込んだんだなぁ」と感心させられる。で、ちょっと身の丈を越えてるんじゃない? って感じで、青臭く、神やら正義やら人類の未来やらを語ってしまうのも原作のテイストだから良し! え? 幻魔大戦? と思わせる学生服姿の島村ジョーは石ノ森章太郎ファンだったら喝采ものだろう。赤いユニフォームを、みんななかなか着ない所も実に良い。で、どんどんテンション上がっていって、ラスト直前に「あ、やっぱりこのラストで来たかぁ!!」と思ったところで、物語の結末は意外な形で訪れる。

 このラストは賛否両論あるだろう。商業作品としては駄目じゃない? と僕などは思う。でも、タイトルロールを見ながら原作石ノ森章太郎の文字を見たときに、僕は気がついた。あ、この作品全体って実は原作のシリーズ全体をさらっているんじゃないか? と。一少年が、改造された自分の力を知り、仲間と強力して、死の商人と戦うが、世界は単純な正義と悪との力のぶつかりあいから、正義と悪では、はかれない混沌へと巻き込まれ、人類の造物主と思しき、力などほとんど無意味な相手と対峙、その混沌から抜け出せないまま終劇を迎える(個人的に僕は天使編のラストが009世界のラストだと思っている)。作り直してはいるものの、それはあくまで作り直しでしか無いから、オリジナル世界のその先まではあえて、はっきりとは描かない。それがこの作家の描きたかったRe:サイボーグなのでは無いだろうか? それだけ、この作家も009の世界を大事に思っているのではないか? そう思うと、あの不思議なラストも無理からぬものなのではないかと思ってしまうのだった。

P.S.そうそう、一つ書き忘れた。そんなわけで、僕の感じたこの作品への印象が、作家僕らにそう感じさせようしているものと同じであるなら、きっと、この作品には続編が作られないだろう。009世界にその先は存在しないし、何より、作品のラストに登場したジョーとその仲間は多分”生身”の人間として描かれているように見えたからだ。

2012年10月1日月曜日

台風がやってくる前のビーチパークは、それでも青空と陽光に照らされ、フラットな海面がエメラルドブルーに輝く絶好のコンディション。遙か沖や、箱根の山には重苦しい雲がかかるが、それがやってくるまでは、気持ちの良いライディングが楽しめそう。風は、南東4?5mというところ。ゼファーでなら普通にアップウインドが取れるくらいだが決して、しっかり吹いているというほどではない。テストするサイズは12.0を選択。内心、最も2012年モデルからの進化が顕著に顕れているだろうと当たりをつけていたサイズだからだ。
 カイトの製法自体に大きな変更は無い。3ストラット、ワンポンプに大径ボストンバルブ。一目見て最初に気がついたのは、リーディングエッジの中央付近、縫い目から数cmのところにスパン方向に向かって従来には無かったステッチが伸びる。これは、位置からして、リーディングエッジが内圧に負けて破裂するのを防ぐ、プラスアルファの補強が内部に施されていると見た(後でオゾンに確認入れてみます。)。また、従来中央付近のみだったリーディングエッジのつなぎ目の補強(縫い目の保護)が、全ての継ぎ目に施されている。この部分は、地面が固いところで、セルフランチを繰り返したりすると、縫い目が切れて、破断に繋がりがちな部分だったので、極めて妥当な改良。また、従来バックラインの取り付け位置が一カ所で、オプションの無かった2012年モデルに変わって、2013年モデルはC4と同様3カ所でバー・プレッシャーと反応を調整できるようになった。
 カイトをランチングしてみると、弱い風にもかかわらず、しっかりとした手応えを感じる。カイトをエッジで静止させている時のパワーは従来モデルよりも若干上がったように感じる。軽く左右にターンさせてみると、明らかに旋回の質が変わった事に気がつく。C4に比べれば、落ち着いた感覚ではあるが、操作に対するダイレクトな反応とカイトの挙動変化の早さはまさにC4のそれ。弱い上にかなり息をつく不安定な風の中にもかかわらず、カイトは極めて安定して滞空している。フロントラインのトリムはいっぱいまで伸ばした状態。このトリムで、これくらい弱い風の中を飛ばすと、普通、バーを引きっぱなしターンすると、カイトがすぐに失速に入る。しかし、こいつは全くそういう挙動を示さない。試みにバー両端のラバーフォームを引っ張って、バックラインを5cmくらい強制的に詰めて操作してみたが、それでも大丈夫。低速側の粘りはかなり余裕を持って作られているようだ。足りないのは重々承知だが、海に出てみる。ボードはブルノッティの2013オニキス135x40だ。もちろん風はアンダーだが、思い切り振り下ろして板の上に立ってしまえば、素早く反応してくれるカイトの性格を活かして、問題無く走り出す事ができる。こんな場面では、失速する事が無くパワーが途切れない特性がおおいに力を発揮してくれる。ちなみに、2012年モデルでは、10.0までが、こういう、カイトを振って、パワーとスピードを生み出す類いの乗り方が出来るサイズで、12.0以上になると、カイトの速度が追いつかなくて、かえってこういう場面では遅れをとったりしていた。しかし、2013年モデルに関しては、そのあたり、2012の10.0と全く同じ感覚で、カイトを振ることが出来る。同じコンディションでC4 11.0 を使って同じ事を試みたら、やはりカイトがところどころで軽い失速に入って、パワーが途切れるために、極力操作に気を遣っても、同じ結果は導き出せなかった。
 ライディング時の性能はまさにカタリストの血統、従来からの扱いやすさ、乗りやすさに加え、動きの速さがなんとも楽しい。弱い風でもしっかり飛べるし、空中での操作にも実に素直に従ってくれるので、着水操作に余裕をもって臨む事が出来る。このダイレクト感、動きの速さは、試してもらった他のカイトボーダーも同様の見解だった。
 まだ、充分な時間カイトを扱えていないので、現時点での感想なのだが、カタリストは、従来のビギナーから上級者まで楽しく扱えるオールラウンダーとしての位置づけを維持しつつ、C4の血筋を取り入れ、守備範囲を上級者側に広げた、新しい次元のオールラウンド・カイトと言って差し支えない仕上がりになったと思う。まだ、12しかテスト出来ていないので、他のサイズのことはまだ明言できないが、これからは安心して12以上のサイズも上級者に勧めていけるな、と確信できる良い仕上がりでした。

2012年9月30日日曜日

カタリスト2013インプレ(前編)


オゾンの各モデルが今、続々とモデルチェンジしているけど、これまで2013年モデルが発表されたウノ、エッジ、レオなどは、いずれもカイトの基本的なデザインや構成は変更せずに、従来モデルをブラッシュアップしたものばかりだった(実はエッジは必ずしもそうでは無いんだけど、飛んでいる姿を見て、ひと目みて形が変わったというほどではない。)。ところが、カタリスト2013はそうではない。これまで、2006年に発表されたインスティンクトの面影を残しつつ磨き上げられきた、ミドルアスペクトのフラットカイトというカタリストの面影は、2013年モデルにはもはやもう無い。地面に伏せてある姿も、飛んでいる姿も、少々丸くなったC4という体だ。それもそのはず、オゾンはこのカタリスト2013をオープンCシェイプという新しいデザイン思想で、全く新しくデザインしなおして万を持して発売したのだ。
実は、オープンCシェイプでカタリストをデザインし直すと聞いて、内心期するところがあった。おそらく、改良の力点を置いているのは12.0と14.0であろうとにらんでいたのだ。カタリストはビギナーからエキスパートまで楽しく乗ることが出来る実に良く出来た万能カイトだと僕は思っている(しかも安い!)。しかし、あえて厳しい見方をすると、12.0と14.0に関しては、上級者目線で見た時に少々不満が残る。失速特性、パワー特性、アンフック時の挙動、どれも実に素晴らしいのだけど、動きが…ちょっと遅い。昔、カタリストの原型であるインスティンクト・ライトがデビューしたときには、それでも充分感動的だったのだけど、C4を経験して、さらにレオを経験してしまった今となっては、やはり、少々不満が残るのだ。だから、中級者以上のユーザーに乗り換えを相談されると、僕は10.0以下だったらカタリストを勧めるけど、それ以上のサイズの場合は、C4か、もしくは目的に応じた他のモデルを勧めてきた(レースやクルージング指向だったらエッジ、微風用だったらゼファー、波乗り派にはレオといった具合)。
ここまで聞いた人は、「だったらレオで、出来るんだから、カタリストもレオと同じように旋回早くすりゃ良いだろ?」と思うだろう。だけど、話しはそんなに簡単じゃない。…というか、そういう安易な結論でデザインされたカイトなら世の中にごまんと存在する。そんな安易な開発はオゾンの仕事じゃない!
レオは波乗り用カイトだ。波乗りという明確な目的を持ったユーザーを対象にしているから、ある程度割り切ったデザインをしている。たとえば、カイトの速度は波に乗って下った時にラインテンションが緩まないようにあえて抑えてある。旋回は速いが、旋回時に旋回の内側の速度が落ちるセッティングになっているから、サイズの風域以下で、バーを引いたまま、無理にターンさせれば失速する。でもカタリストはビギナーが使う事を想定している。8しか持ってないユーザーが、それでも練習したくて4〜5mの風の中引っ張り出してきてもちゃんと飛んで、下手っくそな操作にもちゃんとついてきて、あまつさえ、うまくいったら走れることが要求されるのだ。だから、レオと同じ手法で旋回を速くしたら、失速はするわ、パワーは途切れるはカイトは落ちるわで、決して”良い"カイトにはならないだろう。
そこでオープンCシェイプを選んだのだろうと僕はロビー(ロビー・ウィットル=オゾンのデザイナー、パラ、ハングの世界チャンピオン・タイトル保持者)の頭の中を想像する。C4を飛ばした事のある人だったら、そのスムーズな旋回性と、旋回時のロスや失速の少なさを知っているだろう。ただし、ハイアスペクトのC4は垂直方向のリフトが強く、無神経な操作には時折、失速したりして不満を示す。でも、そのノウハウをミドルアスペクトのカタリストに投入して、C4の旋回性、カタリスト本来の安定性と、リランチ性を持ったカイトを開発してみたらどうか? ここまで考えたら、新生カタリストがどんなカイトかは飛ばさなくても見当がつこうってものだろう。で、今日台風が来るまで僅かな時間を狙ってビーチパークでカタリスト12.0を試してきたわけである。(続く)

写真は本日カメラを持って行かなかったのでオゾンのもの。

2012年1月16日月曜日




2012年1月14~15日/スノーカイトキャンプ
今年は白樺湖周辺の積雪が少なく、なかなか霧ヶ峰が満足のいく積雪量にならない。13日に所用にて出かけた菅平も、まだ例年よりも雪が薄く、ところどころ地面が見えるところもあるくらい。というわけで、この冬三度目のスノーカイトキャンプも最もコンディションの確実な美ヶ原での開催となった。
14日は風こそ朝のうちは弱かったものの、雪面は閉まった根雪の上にふんわりと乾燥したパウダースノーが30cmくらい乗った絶好のコンディション。まだ風は少々弱めながらみんなカイトを準備すると次々に飛び出して、思い思いに雪面にトラックを刻んでいく。今日は講習生が一人、それも夏場に海で練習した事がある人で、組み合わせはスキー、あっという間に一人で滑れるようになってくれたのを良いことに、僕もそそくさとフレンジー13.0をセットしてまだ誰も滑っていない雪面を狙って飛び出した。風が弱いとは言え13でしっかり速度をかけるとかなり快適にパウダーの雪面をボードが走っていく、間違い無く今季最高のコンディション。あっという間に雪面はトラックだらけになっていった。昼過ぎには風も5~6mまで上がり、皆思い思いの課題にチャレンジ。僕も久しぶりにクラッシュして雪まみれになりながら、久しぶりに思う存分ライディングを楽しめた。
 明くる15日は朝から南西4〜6m。日曜日帰り組5名が加わり、フィールドには一斉に14機のカイトが舞う壮観な眺めとなった。今回は珍しく講習生も含め、全員ちゃんと自力で出たところまで戻れるメンバーが揃ってくれたので、僕はGo-proのラインマウントで画像撮り、一通り撮影した後にキッカーを作ってフォトセッション。土日とも充実の週末でした。

2012年1月15日日曜日

さて、気になるフレンジー13.0の強風側の性能ですが、これって最初にテストする時はとてもドキドキするもの。なにせ、2〜3mの風でがっつりパワフルに引っ張ってくれるカイトを7㎡とか6㎡がすいすい走っている時にあげるわけだからちょっと最初は不安を覚える。この日は昼頃ピークでは、普通にカタリスト6がジャストで走れるくらいの(おそらく10m/sくらい)風が吹き込んでいたものが、午後遅くになって少し落ちてきたくらいでのトライ。びびって、フロントライン・トリマーを全引きにしてサポートしてもらいながらエッジからそろそろとカイトを上げてみると…あれ? なんともない? そう、デパワーしていると別にどうってこと無いのだ。走り始めても、そりゃかなりパワフルだけど、決してオーバーという感じじゃない。少しづつトリマーを戻して最後はフルパワーにしたけど、それでも問題無し。というかかえって調子が良い。これにはちょいと驚きました。戻ってほかの仲間に大丈夫だから乗ってみろと勧めても、みんなにわかには信じない様子。半信半疑ながら、一人が乗って問題無く帰ってくると、みんな入れ替わり立ち替わり試してみたが、オーバーを訴えるものは居なかった。うーん、これ、スノーカイト版ゼファーみたいなカイトです。でも、面白いのはカイトを振り上げた時のリフトは横方向のトラクションに比べて、がつんと太くパワフルで、エアーの滞空時間が恐ろしく長い。なるほど、シャスタがよくやるえらい滞空時間の長いエアーの秘密はこれか! という感じでした。
改造コントロール・バー
2012フレンジーの5ラインセーフティーも良いけど。実は従来のプライマリー・セキュリティにも依然魅力がある。そこで、両方が稼働する改造バーを作ってみた。要は昨年のバーに5ラインを加えただけなのだが、こうすれば、プライマリー・セキュリティ、5thラインセーフティーの二段階の安全装置が手に入る。フロントにY字状のラインを使う純正ラインに対して、この改造バーは普通に4+1ライン。なぜかというと、Go-proをラインマウントで手近な位置に固定するため。その成果は次の書き込みにてご紹介いたします!

2012年1月10日火曜日

オゾン・フレンジー13.0インプレ



先日ようやくフレンジー13.0に乗ることができたので、インプレなど…

フレンジー13.0
これまで大きなサイズはマンタの12を使うのが相場だったのだけど、今年からマンタはラインナップから姿を消してしまったので、今季はフレンジー13.0を使う事にした。
新しいセキュリティ・システム
フレンジー2012は2001年のデビュー以来、伝統的に採用されてきたフロントラインを一時的に伸ばしてカイトを失速させて下ろすプライマリー・セキュリティ・システムを止めて、カイトの中央部分を5thラインで引っ張る新しいセキュリティ・システムを採用している。これには世界中のインポーターの間でも賛否両論入り乱れたようなのだが、僕はまぁ賛成。フロントライン・トリマーのすぐ下にあるノブを引くことでフロントラインを伸ばし、カイトを失速させる従来のシステムは、作動のイージーさ、シンプルなライン・レイアウト、再離陸の容易さなど数々の良い点があるのだけど、本当に強風になってしまった時などは作動させた後でも結構なパワーで引っ張られる。一回地面に降りた後でも下手に裏に風を孕んでしまうと、また空中に舞い上がったり(パワーアップはしませんが…)して、なかなか落ち着かない。さらに、そこからカイトを回収するのがちと大変。2010年モデルまでは、タイミング良くバックラインの片方をたぐってやる事で、完全にパワーオフさせる事が出来たのだけど、2011年モデルからは、左右のブライダルの間隔を一定に保つラインが加わってしまったために、同じ事をするとカイトが回り出してしまう。それでは、山頂まで登って、強風の中、カイトを降ろす時は、さて、どうしたものか? と考えていたところの、今回のモデル・チェンジだったのだ。 さて、肝心の新しいシステムだが、これはカイトの中央部分に取り付けられた5thラインを残して、バーをリリースすると、カイトは中央を引っ張られた”さばおり”状態になって落ちるというもの。もちろん風を受けてカイトは多少引っ張るが、まったく問題無いレベル。アクセス6で10mオーバーのブローの中で試した時には、ライン一本を手袋をした手でたぐろうとするとぎりぎり滑ってしまうくらいのトラクションだった。さて、冒頭長々とセキュリティの話題に振ったのには訳がある。なぜなら、大きいカイトを使う場合の心理的な障壁として、風が強くなった時はどうしよう? という不安が常につきまとうからだ。その点、この新しいセキュリティシステムとビッグサイズの組み合わせは実に良い。
微風性能
まず、ビッグサイズが真っ先に問われる微風性能を試してみた。風は地表ではほとんど感じるか感じられないかぐらいの微風。同じ環境でゼファーを揚げると、常に振っていないと落ちてしまうし、わずかでも風が息をつくと失速してしまう。もちろん落ちてしまったら、どうがんばってもリランチはおぼつかない。地表で1〜2m、上空20m近辺でも風速1〜3mというところだろう。さすがに最初にカイトに空気を入れるところは普段よりもコツがいる。しかし、慎重にフロントラインをポンピングしてあげると、次第にエアインテークから空気が入り、カイトが起き上がってくる。わずかに入ったブローにタイミングを合わせてフロントラインを引くと、フレンジーは実にあっけなくランチングした。
この状況ではさすがに真上まで持ってきて静止させると、ちょっとしたきっかけでカイトが落ちてしまう。それでもちょっとの間ならばこの風でも頭上でじっとしていてくれるのは、ラムエアーのビッグサイズならではだ。ボードをはいて、カイトを振り下ろすと、折からの堅め雪面の助けもあって実にあっけなくするすると滑り出す。カイトを振り振り加速すると進行風がかかって、ぐっとパワーを増し、アップウインドし始める。カイトを失速させないよう少し気を配る必要はあるが、インフレータブルの中では異例に失速に強いゼファーですら手に負えない風の中である事を考えると、全く問題にするレベルではない。また、大きなサイズにありがちな振り下ろしたは良いけど、戻ってくれないという事も無い。さすがにジャンプは出来ないけど、カイトを上に振り上げると、力強いリフトがぐっと体を持ち上げる。また、カイトを落としてしまった場合でもブローが入るタイミングを見計らえば、通常の離陸、バックリランチとも全く問題無く出来る。微風性能に関しては、まずゼファー以上の評価が与えられるだろう。
(続く 次回は強風性能と改造コントロール・バー)