2010年4月21日水曜日

動画公開しました

Snowkite in Tateyama Japan from X-FLY on Vimeo.



今回Goproという小型の超広角ヘルメットカメラで撮影してみたんだけど、これが大正解!
コンディションの良さもあいまって、スノーカイトの楽しさをばっちり伝えられる映像が撮れました。
こういうの好きだから、つい始めると本業を後回しにしちゃうんだよなぁ… 反省。

2010年4月19日月曜日







去る4月17〜18の土日、立山黒部アルペンルートの本格開通に合わせ、季節外れの雪の降りつもる中央道を飛ばし、総勢7名で、立山室堂周辺に遠征してきました。結論から言うと土曜は4〜5mの西風が吹くも、午後遅くまで視界を閉ざしていた霧と、降ったばかりの激深パウダースノーに阻まれ、不完全燃焼。しかし、日曜は予想通りの好天と、風の読みがピタリと決まり、最高のコンディションでライディングを楽しめました。以下レポート。

日曜の朝、宿泊していた雷鳥荘の外は前日の疲れもストレスも軽く吹き飛ばすピーカンの空。風は雷鳥荘の位置で西の微風。しかし、前日夕方霧の晴れた時にチェックした時と同様、一の越近辺では雄山と浄土山から北西の強風に雪が飛ばされているのが見て取れる。今日はこの風を狙って、野営場の南の谷底から風のあたる所までハイクアップするという計画だ。
雷鳥荘から谷底まで100m足らずを滑り降り、一の越を目指してハイクアップすることおよそ20分、標高差にして50m程度登ったところで、早くも背後から3〜4mの風が吹き始めた。雪が締まっていればこの風でも登れるが、付近は膝まで埋まるパウダー。板は履かずにカイトだけ揚げてスノーシューのまま、さらに100mほど登ると、安定した6mくらいの北風が当たる面に出た。一緒にハイクしていた福さん、αさん、Zさん(以下敬称略)らがカイトをセットしている間に、さっさとボードに履き替えると追い風を背負って一気にスタート! 風はまだ少し足りないものの、思い切り下れるので(斜面に対しては登っているんですけどね…)パウダーに板を浮かせて登れる登れる!(風に対しては下っているんですけどね…あぁ、ややこしい!)。100人以上は登っているとおぼしきバックカントリー・スキーヤー、スノーボーダーを追い越し、ぐいぐい登っていく。苦労して歩いて登っている脇を、滑りながら登っていく僕らに、好意を持ってもらえるとは限らないので、普段からこういう場面では会釈をしたり挨拶をしながら追い抜くように気を遣っている。けど、この日は絶好の好天に(写真を見てもらえれば判るとおり、普通にバックカントリーをするにも絶好の好天でした)登っている面々もハイになっていたようで、みんな興味を持って眺めたり、歓声をあげたりして見てくれていた。
(これは無様な姿は絶対見せられないな…汗)と思い、ジャンプやトリックは封印して、まずはミスをしないように確実に一の越に登っていくと、僅か5分足らずで300mを稼ぎ、一の越の雄山側直下まで登り切ってしまった。しかし、この高さまで登ったものの、稜線を吹き抜ける風は強烈で(体感10〜12m)、向きを変えるためにカイトを真上にあげるだけで、下手をするとリフトされて一の越の向こうに飛ばされそうだったので、登り切るなりカイトを左のエッジに置いたまま、速やかにプライマリー・セーフティーをカット。暴れるカイトがかぜを孕まない一瞬をとらえて、素早くバックラインをたぐり、カイトを手元までたぐり寄せた。ワンミスでかなりのトラブルが起きかねない位置に居るので、いつもの数倍慎重にカイトを回収して、ざっと丸めるとそのまま抱えて、もっと風の弱い一の越直下、南西に広がるボウル状の面まで滑り降りた。
いつもはすぐに追いかけてくるΣは、T長、なんちゃってらとともに、宿から滑り込む位置を捜して移動した事が災いして、スタートが遅れたようだ。他の面々が上がってくる気配はまだ全然無い。この時間を利用して、今季導入した超広角のヘルメットカメラを装着して、動画を撮りながら待つことにした。稜線を少し下がったあたりではちょうど良い北西風がきれいに当たり、昔からあこがれていた雄山の麓の西面も自由自在に滑走できた。しかし、この位置、野営場からハイクアップしている人たちの山手にあたるし、もっと高いところをトラバースしている人たちが小さな雪崩を起こしていたりするので、本当はもっと全然高い所まで楽勝で上れるのだけど、あえてここは深くは攻め込まずにもとのボウルに戻ることにした。
意外や二番手で登ってきたのは、一番経験が浅い福さんだった。カイトの経験は浅いものの、さすがに豊富な山と雪の経験と、充実した装備(テレマークスキー)がコンディションにマッチしたようだ。福さんに稜線までは出ない事を指示してもうしばらくするとΣが3番手で登場。3人でしばらく滑っていると、T長、α、なんちゃってと続き、Zからは登行を断念する旨の連絡が入った。どうもゲレンデ用の短めの板ではどうにもこのパウダーに対応出来なかったようだ。
風は僕が登ったときより少し落ち着いた状態で吹き続けていたが、みんなおなかいっぱい楽しんだか、登ってきただけで満足した様子だったので、午後1時に立山室堂山荘集合と決めて、下山を開始した。降り始めて気がついたが、僕が普段使っている板はこれだけのパウダーになるとカイト無しでは浮力不足で、ちょっと速度が落ちるとすぐに埋まってしまう。やはり来季はヨーロッパから幅広のスノーカイト用ボードを取り寄せる必要がありそうだ。
一の越ではあれほど吹いていた風も室堂平ではほんの2〜3m程度。これではとてもこの深雪の中滑ることはおぼつかない。浄土山の肩に登るというプランも考えていたが、さすがに今日はもう充分満足して、ほどよく疲れていたので、そのまま室堂平から下山することにした。

今回は兼ねてからの課題であった立山の室堂平以外での滑走に先鞭を付けられたという意味で意義深い遠征になった。立山の風に対する理解も一層深まったし、新たな反省点も見つかった。実はトラブルを起こしたカメラを直そうとカイトをおろしていたら、テレマーカーが一人ラインの上を滑って転んでしまったのだ。締まった雪の上ではラインの上を滑り抜けて、エッジでラインが傷ついてないといいなぁ…と思う程度で済むのだけど、パウダーだと、ものの見事に引っかかって転ばせてしまう。幸い今回のケースではライン、テレマーカーともに無事で問題なかったのだけど、滑走者の多いところではちょっとカイトを下ろすのにも、場所や滑走ラインを良く考える必要がありそうだ。

写真:Σ、T長
動画は編集後に近日公開します!

2010年3月9日火曜日

アカデミー賞

アメリカではアカデミー賞が発表されて、「ハートロッカー」が「アバター」を抑えて作品賞を含め6部門受賞で圧勝だったとか…
元夫婦対決は元妻の勝ちっていう話題でもちきりだけど、
ちょっと違う視点で見るとイルカ漁批判の「COVE」の長編ドキュメンタリー部門受賞も含めて、今回の結果は日本人としてちょっと微妙な気持ちで受け止めています。
別に陰謀論を展開するつもりは毛頭無いけどアカデミー賞がアメリカ政府、アメリカ国民に漂う”空気”を反映させることはアメリカ国民が選ぶ賞である以上当然です。
その点、異文化との接触を現場とする点で共通項を持つこの二作品のうち、アカデミー委員会がどちらを選ぶかというのは興味深い点でした。
実は寡聞にして両作品とも未見なので、偉そうに語るのは早いのですが、
あらすじを見る限り、「ハートロッカー」はイスラム文化と接触したアメリカをアメリカの立場に立って描いているようですよね。
もちろん戦争肯定か否定か、人間重視か事件重視か、それをどう描くか、どの視点で描くかで作品の印象は全く変わってしまうので深くは語りませんが、
主人公らの視点がアメリカ側であるという点は、これはもう間違いありません。
一方、「アバター」は異星人に潜入した地球人の視点だけど、主人公の視点は異星人の側ですよね?
それも異星人の異文化礼賛的な内容なのでは?
つまり乱暴な区分ではあるけれど、異文化受容と異文化否定という分け方をした場合、今回の受賞は異文化否定の側が勝利したとも言えるわけです。
そして、伝統的な異文化であるイルカ漁を完全にアメリカの立場で否定的に描いた「COVE」の受賞と合わせると、アメリカが今、
異文化を受容する余裕を失っているのではないかという懸念が生まれるのです。

で、トヨタの問題、クロマグロの取引規制の問題、一般教書演説でオバマ大統領が新幹線に関する話題で日本の新幹線に触れなかった問題、
今回のアカデミーの結果などを考え合わせると、当面アメリカの日本への風当たりは決して優しくないな…という結論に達しざるを得ないのです。
別にアメリカの後をしっぽを振って追いかけるべきだと声高に訴えるつもりはありませんが、
主権国家として、毅然と周辺国家に単独で張り合っていくには今の政権は底なしに頼りないんだよなぁ(嘆息)。

そうそう、もう一つ違う視点で見たときに、受容的な傾向の強い女性原理的な映画「アバター」を男性であるジェームズ・キャメロンが撮って、
使命遂行、異文化の拒否の傾向の強い男性原理的な映画(と決めつけるのは未見である以上僭越ですが…)「ハートロッカー」が、
女性であるキャスリン・ビグローに撮られているというのは面白いです。
とりあえず、両作品とも時間をとって見てみたいとは思いますが、その上で田嶋陽子氏の見解なんか聞けたら面白いだろうなぁ。

ちょっと今回はカイトに全然関係ない話題でしたが、朝のニュースを見ていて思った事をつらつらとつづってしまいました。

2010年1月15日金曜日

カタリスト・エッジの詳細判明!




いや、ようやくカタリストとエッジの情報が入ってきました。

まず、上の方がカタリスト。基本的にインスティンクト・ライトの後継機です。リーディングエッジとプロファイルが厚くなって、よりパワフルに、より安定したカイトに仕上がったそうな。

また、新しいコンタクト・コントロールシステムとの組み合わせでデパワー・レンジもより広くなっているそうです。
価格等の情報はまだ入ってきていません。

この写真はエッジ。まだグラフィックが入っていないので、まだプロトタイプですね。テト(ベトナムの旧正月)が終わるくらいに発売開始されるそうです。
こちらはヨーロッパで人気が出てきているレース用にチューニングしてあるようで、オゾンではこんなブイまで発売開始するみたいです。



2010年1月13日水曜日

レッドブル



先日中国に出張に行っていたメンバーからおみやげに中国版レッドブルをいただきました。
ご覧のとおり、東南アジアではレッドブルのカラーが少し違います。
定番のブルーとシルバーではなく、ゴールドに赤い牛が角突き合わせている画となります。
「紅牛」… 字で書くとそうなるわけですが、どうもBullの持つ猛々しい雄牛のイメージは伝わりませんなぁ。

さて、一方下の写真は何かというと、数年前にベトナムで発見して、大喜びで買ってきたまがいもの。
その名も"Gold Cow"! 
うけます! やってくれますよベトナム人。

”紅い雄牛”ならぬ”金の雌牛”…
 Cowはメスですよメス! イラストの牛には角があっておっぱいが無いんですが…
よく見るとレッドブルだと跳ね上がっているしっぽが垂れ下がっていたり、変に足に動きの効果線がはいていたり、と一応工夫はしているのでしょうが…いや、アウトですよアウト(笑)。

ちなみに中身はレッドブルと風味はにているものの甘ったるくてとても一缶は飲み干せない代物でした。

2010年1月12日火曜日

菅平にてスノーカイト

Snowkite in Japan (Sugadaira) from X-FLY on Vimeo.


3連休の前半二日は白馬で過ごすも両日とも微風。ストレスをかかえて、最終日11日は菅平へやってきました。
南東風の予報にあわよくば根古岳登頂を狙っていたのですが、麓で乗っているうちに風が次第に強くなり、山に登るのは難しい雰囲気に。おまけに風向も若干山からの吹き下ろしの気配も出てきたので、登山はあきらめて、平地でのライディングを楽しみました。ちなみにコンディションはさらさら、ふかふかのパウダースノーに、菅平のゲレンデの奥行き方向をフルに使える4〜8mの南東風。登山こそあきらめたものの思う存分フリーライドを楽しめました。

2010年1月7日木曜日

カタリスト



”変革をもたらすもの”という意味のこのモデル、これまでに無く謎の多いモデルです。
だいたい今月発売開始をうたっているのに未だに写真の一枚も漏れてきていない。
去年の夏の時点ではインスティンクト・ライトのチップをデルタ・タイプのように絞ったプロトタイプが飛んでいたという噂が有ったのですが、それも立ち消えて、ゼファー、C4の評判の陰に隠れてしまっていました。
これは僕の予想なのですが、C4の成功でだいぶ設計変更を加えているのではないか? と思っています。
C4の出来が良いのだから、そのノウハウをフィードバックしない手はありません。
でも、これだけどこからも写真の一枚も漏れてこないのは極めて異例。
問い合わせも来ているのに、本当に1月に出てくるのか? とやきもきしています。

オフィシャルな案内では、インスティンクト・ライトの後を継ぐ、信じられないくらい扱いやすい、エントリーレベルから使える、フリースタイル・ウェーブカイトだとか。

”new Contact control system enabling more de-power throw with added simplicity”

とあるので、新しいシステムのコントロール・バーと一緒に開発されているらしい。
ということは他の'10モデルとの互換性は?
コンタクト・コントロールシステムって?
定番モデルの後継機のくせに謎が多くてホントやきもきさせられるモデルです。

ちなみに”エッジ”はインスティンクト・エッジをレース用に仕上げたニューモデルだとか、これは日本ではまだあまり受け入れられないかなぁ…と思っています。

2010年1月1日金曜日

年頭所感

新年あけましておめでとうございます

昨年はブログ更新を10月1日からさぼってしまっていたんですねぇ…
今年はもう少ししっかり更新をこころがけたいと思います。
もちろん、ちゃんと中身のある内容で!

さて、2010年はオゾンが大きな躍進を遂げそうな気配が濃厚。昨年11月末にデビューした「ゼファー」、「C4」はビギナーからエキスパートまで絶賛の評価をいただいています。さらに、この後インスティンクト・ライトの後継モデル「カタリスト」、レース用モデル「エッジ」がデビューしてオゾン2010マリンカイトラインナップは完成します。

ミスティックは各種2010年モデルとともに待望のミスティック・ウィメンがそろそろ発表される予定です。

もちろんシーズン真っ盛りのスノーカイトの話題もたくさんありますので、今年は少しづつでも書き込んで行こうと思います!

さて、最後に普段は封印している政治向きの所感を少々。
昨年12月に鳴り物入りで行政刷新会議から発表されたハトミミ.com。
実は個人的に非常に憂慮しておりました。というのも古くは魔女狩り、近代になってはナチ・ドイツ、スターリン独裁、現代にはポルポト、文化大革命、北朝鮮など、密告、裁判、粛正という仕組みは一旦できあがると、独裁者の意向に関わりなくシステムがそれ自体として機能して、善意、悪意の一般市民の手によって、主人不在の巨大な足の引っ張り合いのシステムができあがってしまうからです。
なんて真剣に憂慮していたら、どうも第三者にハトミミ.comというドメインを取得されてしまった模様で、現在URLにハトミミ.comを打ち込むとおもしろいメッセージが表示される状況になってしまっています。
そもそも、政府のサイトの名前に.comを使うという時点で敗北しているわけですが、なんとも拍子抜けするオチにほっとするやら、脱力するやら…
あんまりおかしかったんで書き込んじゃいました。